新築の収納計画で失敗しない7つのポイントはコレ!

やまとです。

 

住めば住むほど物が増えてくるので
収納は多いに越したことはないですが、
リビングなどの居住空間が狭くなるのは嫌ですよね。

 

戸建て住宅の場合はの全間取りに対する
収納の割合は10%~13%程度が理想
だと言われているのですが、

 

僕は、ただやみくもに10%確保すれば
良い問題ではないと思っています。

 

では、どのように収納を作ればいいのか、
失敗しないコツを紹介します。

スポンサーリンク

用途に応じた奥行を!

s_syuunou引用:http://www.sumai-fun.com/madorishyu/

 

基本的に戸建て住宅の場合は、
グリッドプランと言って1マスを
910㎜や1000㎜で計画します。

 

なので、収納を考える場合にも、
910㎜×1820㎜程度(1畳)の広さにしたり、
納戸やウォークインクローゼットだと
1820㎜×2730㎜(3畳)程度の広さにします。

 

ただ、ここで問題なのが”奥行”です。

 

布団をしまっておくような押入れや、
服をしまうための3段ボックスなどを
収納に使う場合には、910㎜や1000㎜
程度の奥行があればちょうどいいですが、

 

食品庫(食品のストック)や生活用品を
ストックしておく収納などは、
奥行がありすぎるとかえって使いにくいです。

 

なので、半分の455㎜の奥行にして
両側から使えるようにしたり、
横幅を広くするなどの工夫が必要です。

 

ちなみにハンガーに掛けておくタイプの
クローゼットの場合は、700㎜程度あれば
収納できます。

 

実際に生活していると、大きな荷物より
意外と細々した物が増えたりするんですよね。

 

実際に住んでみないと何をしまうかなんて
わからないとは思いますが、
ある程度想定しておいたほうがいいでしょう。

 

こんな偉そうなことを言っても実は我が家の
食品庫も幅910㎜×奥行910㎜なのですが、
妻いわく、

「奥行は今の半分でいいから幅が2倍欲しかったね。」

と言っています。

 

僕の妻の発言からもわかるように、

”収納は面積の割合が全てではない”

ということです。

[sc name="リンクユニット" ]

納戸ならOK?ウォークインクローゼットはダメ?

納戸と言えば、普段使わないような
ちょっと大きな荷物をしまっておいたり
衣替えした服などもしまっておける
万能な収納のことですね。

 

あえて棚や洋服を掛けるハンガーパイプを
設けていないので、住み始めてから
自分でカスタマイズして収納することができます。

 

逆に、ウォークインクローゼットは
主に洋服をしまうことが目的なので、
初めからハンガーパイプなどが設置されています。

 

で、僕はウォークインクローゼットは
反対派なのですが、ウォークインの場合は
人が入って通れるスペースが必要なので
収納量は面積ほど多くありません。

 

先ほど僕は、ハンガーを掛ける場合の
収納の奥行は700㎜程度あれば良いと
言いましたよね。

 

だったら、
2m×3m=6㎡のウォークインより、
幅6m×奥行1m=6㎡のクローゼット
のほうがたくさん収納できます。

 

もちろん間取りの形状にもよるので
6m幅の収納を確保するのは難しい
かもしれませんが・・・。

 

なので、自分なりにカスタマイズして
なんでも収納できる用途にしておく
”納戸”であれば利便性は高いと思います。

スポンサーリンク

まとめ

まとめると、ポイントは

[ip5_coloredbox color="colored-box--red" width=""]

icon-check3-r全間取りに対する収納面積は10%~13%程度

icon-check3-r面積よりも幅と奥行きを意識する

icon-check3-r布団や3段ボックスの収納の奥行は1m程度

icon-check3-r食品庫や生活用品の収納の奥行は500㎜程度

icon-check3-r洋服の奥行は700㎜程度で収納可能

icon-check3-r自分でカスタマイズできる納戸はOK

icon-check3-rウォークインクローゼットは面積的にNG

[/ip5_coloredbox]

以上7つのポイントを意識して計画してみてください。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事