住宅ローンと頭金の割合は?無理なく返済する2つのポイント

    s_hensai

    やまとです。

     

    新築住宅を現金一括で購入するという人は
    少ないと思いますが、かといって頭金なしの
    フルローンというのは不安ですよね。

     

    実際にはどれくらいの割合で頭金を
    用意している人が多いのでしょうか。

    スポンサードリンク

    頭金は最低でも2割

    「頭金なし」と言っても手付金や諸費用などが
    必要になってくるので完全にゼロというのは
    難しいと思います。

     

    なので全くのゼロというのはありえないので、
    最低でも2割は用意したいところです。

     

    例えば3000万の新築を購入するとしたら
    2400万のローンで頭金が600万。

     

    借り入れが3000万と2400万だったら
    月々の返済額はざっと2万程度違います。

     

    大きいですね、月2万の差額は。

     

    ただ、最近では頭金が全く無かったとしても
    100%融資してくれる銀行も増えているので
    絶対にないと建てれないということではありません。

     

    「本当に自分が返済できるのか。」

    これが一番重要です。

     

    実際に、ゆとりをもった返済を計画している人は
    2割は頭金を用意しているようです。


    Sponsored Link
     

    無理なく返済するには?

    月々の返済額で一番多い層は
    5万~10万の間です。

     

    もちろん年収や子供の人数、住む地域
    などによってもさまざまですが、
    余力は残した状態で借入しましょう。

     

    借りれるだけ借りた人に限って
    将来返せなくなってしまう人が多いですからね。

     

    特に、夫婦の収入を合算して借りると
    産休などで働けなくなった時に
    どうすることもできなくなってしまいます。

     

    返済の目安としては、

    手取り月収の25%程度

    が無理なく返せる範囲だと思います。

     

    手取り30万なら返済7万5千円。

     

    月7万5千円ということは、
    2016年6月現在の金利(0.5~0.8%程度)で
    借り入れ額が2800万程度です。

     

    給料は月30万程度なのにボーナスを期待して
    月々の返済が10万ぐらいになる人や、
    残業代を入れて月30万程度の手取りの人が
    10万程度の返済計画する人もいます。

    (実はどちらも僕の会社の同僚です・・・(笑))

     

    ボーナスがなくなったら?
    残業がなくなったら?

    と考えると不安ですよね。

     

    なので、たとえ給料の25%以内で
    借入を抑えたとしても、残業やボーナスを
    あてにするのは避けた方がいいでしょう。

    まとめ

    icon-check3-r 頭金は総費用の2割は用意する。

    icon-check3-r 手取りの25%以内の返済額とする。

     

    あくまでも目安ですが、この2つのポイントを
    参考にすると無理なく返済できる計画に
    なると思います。

     

    ただ、

    icon-check3-r ボーナスをあてにしない。

    icon-check3-r 残業代をあてにしない。

     

    この2つのポイントにも注意してください。

    スポンサードリンク

      やまとでした^^
      最後までお読み頂きありがとうございました。
      ↓↓↓こちらの記事も人気ですよ^^

      注目記事

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です