ハウスメーカーの坪単価を比較するときの2つの注意点

    やまとです。

     

    坪単価○○万円!

     

    この言葉に惑わされるのは今日で終わりにしましょう^^

     

    単純に坪単価といっても、ハウスメーカー
    によってその出し方はさまざまなので、
    比較するときは注意が必要です。

     

    工事費÷床面積=坪単価

     

    基本的に坪単価の計算式はこうですが、
    「工事費」「床面積」のからくりを
    正しく理解しておきましょう。

    スポンサードリンク

    工事費とは

    通常、家を新築する上で知りたいことは
    総額でいくらかかるのかということですよね。

     

    土地代は省いたとしても、それ以外のコミコミ価格。
    これが知りたいはずです。

     

    ですが、ハウスメーカーが謳っている
    坪単価に含まれている工事費というのは
    「本体価格」でしかありません。

     

    例えば、地盤調査、地盤改良の費用、
    確認申請費用、外構、カーテン・照明
    などの諸費用は含まれていない場合が多いです。

     

    そもそも本体価格の定義がハウスメーカー
    によってもまちまちなので、
    どこからどこまでという定義はありません。

     

    さすがに外構はどこも含まれていませんが、
    カーテンや照明は含んで表記している
    場合もあります。

     

    なので、知りたいのは”総額”ですが、
    見積書の内訳はきちんと確認しておきましょう。


    Sponsored Link
     

    床面積とは

    申請用の床面積には、バルコニーや吹抜け、
    玄関ポーチなどの面積は含まれません。

     

    これを「延べ床面積」といいます。

     

    対して、上記の箇所もすべて含んだ面積を
    「施工面積」といいます。

     

    例えば、2坪の吹抜けと2坪のバルコニー、
    1坪の玄関ポーチがある住宅だったら、
    延べ床面積が30坪の場合に施工面積は35坪になります。

     

    工事費が2000万円の場合の坪単価は、

    2000万円÷30坪=66万円

    2000万円÷35坪=57万円

     

    5坪違えば坪単価はかなり違ってきますね。

     

    少しでも安く魅せるためには「施工面積」
    で割って坪単価を出したほうがいいので、
    施工面積で割っているハウスメーカーが多いです。

     

    ただ、吹抜けなんて2階の床も1階の天井も
    無いわけなので、実際には2坪分の費用
    なんてかかっていないわけですよ。

     

    それでも施工面積で割れば安く感じるので
    「坪単価」を売りにしているローコスト系の
    ハウスメーカーは施工面積で割ってます。

    まとめ

    「工事費」と「床面積」のからくりは理解できましたか?

     

    結局のところ、坪単価に正解なんてありません。

     

    本当に気にしないといけないところは、
    工事費にどこからどこまで含まれていて
    別途でどれだけの費用がかかるのかということ。

     

    ハウスメーカーのテレビCMなどで
    言っている坪単価に、あなたが建てたい
    住宅の床面積を掛けたところで
    きちんとした総額なんて出ません。

     

    坪単価を意識するよりも、見積書の内訳
    を確認するようにしましょう。

     

    関連記事:注文住宅の比較見積もりを依頼するときのポイントまとめ

    スポンサードリンク

      やまとでした^^
      最後までお読み頂きありがとうございました。
      ↓↓↓こちらの記事も人気ですよ^^

      注目記事

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です