新築を2×4(ツーバイフォー)で建てるメリット・デメリットとは?

    やまとです。

     

    僕はツーバイより在来軸組工法に
    慣れ親しんでいるのでツーバイ工法は
    ちょっと抵抗があるのですが、
    ツーバイをメインでやっている大工に
    メリットとデメリットを聞いてきました。

    スポンサードリンク

    ツーバイフォーのメリットとは?

    icon-check3-r 軸組みの筋交い工法に比べると丈夫

    icon-check3-r 気密しやすい

    icon-check3-r 軸組みより工期が短くて済む

    icon-check3-r 雨に気を遣う

     

    ツーバイ工法はパネルを組み立てながら
    建てていくので、在来の筋交いに比べると
    ぐらつきが少なく丈夫だそうです。

     

    気密性に関しても在来より高いという風に
    よく言われていますが、実際に施工している
    大工も在来工法より気密しやすいと言っています。

     

    工期が在来より短いことに関して施主目線で
    メリットがあるかどうかですが、

    工期が短い分、多少は安くなってるんじゃないかな。
    (営業じゃないから知らんけど。(笑))

    ですって^^

     

    最後の、雨に気を遣うというのは
    デメリットのようで実はメリットなんですね。

     

    よくツーバイは、屋根をかぶせるまでに
    時間がかかるから雨に弱いということを
    言っている人が多いのですが、

    「そんなことは大工も知ってるよ!
    だから在来建ててる大工より雨には慎重。」

    ということなので、雨が降りそうで怪しい日には
    絶対に建てないと言っていました。

     

    在来の場合は雨でも平気で建ててる現場は
    たくさんありますからね。


    Sponsored Link
     

    ツーバイフォーのデメリットとは?

    icon-check3-r 耐久性が低い

    icon-check3-r 材料がけっこう反る

    icon-check3-r 変更が難しい

     

    ツーバイ工法に使われている材料は
    SPFと言って、(スプルース・パイン・ファーの頭文字)
    腐りやすくシロアリが来やすい特徴があります。

     

    水に弱いので建てるときに雨に気を使っていますが、
    やはり日本のように高温多湿だと
    在来のスギやヒノキより耐久性は劣ります。

     

    ツーバイ材の厚みは38mmが標準なので
    在来に比べると細く反りやすいそうです。

     

    ただ、反っているから家にデメリットがあるとか
    そういったことではなく、単純に大工が
    施工しにくいということです。(^-^;

     

    最後に、変更が難しいというのは、
    ツーバイ工法は釘をたくさん使って
    ガチガチに固めて剛性を確保します。

     

    なので、建築途中にちょっと変更してほしい
    と言われても困ることが多く、
    イラッとしてしまうんだとか・・・。

     

    「リフォームには向いてないだろな~。」
    とぼやいていましたよ。

    おわりに

    ちなみに今回僕が質問した大工は
    三井ホームをメインで施工しているので
    ツーバイに関してはプロです。

     

    その大工の言っていることなので、
    少なからず参考になるのではないでしょうか。

    スポンサードリンク

      やまとでした^^
      最後までお読み頂きありがとうございました。
      ↓↓↓こちらの記事も人気ですよ^^

      注目記事

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です