高気密高断熱の家だと夏場は暑いのか?

    s_stools-690339_960_720

    やまとです。

     

    冬の寒さ対策のために高気密高断熱
    という言葉はよく聞きますが、
    夏の暑さはどうなのでしょう。

     

    イメージ的には空気の逃げ場がないので
    蒸し風呂やサウナのように暑くなる
    気がしませんか?

     

    実際には・・・

    スポンサードリンク

    高断熱は夏にも有利

    断熱性能が高いということは、
    冬場だったら、暖めた空気を外へ
    逃がさないという役割があります。

     

    逆に夏場でも、外の暑い空気を室内に
    通さないという役割もありますし、
    エアコンで冷やした空気を外へ
    逃がさないという役割もあります。

     

    昔ながらの和風住宅では、「土壁」といって
    壁の風通しが良いような作りになっています。

     

    ただ、昔はエアコンを付けて生活することも
    ほぼなかったので風通しの良い家でよかったのですが、
    今はエアコンを付けることが当たり前なので
    エアコンの効きが良いように高断熱にしています。


    Sponsored Link
     

    高気密も夏に有利

    冷たいお茶が魔法瓶に入っているところを
    想像してもらいたいのですが、
    ふたをちゃんと閉めていたら冷たい状態が
    長持ちしますよね?

     

    でもふたをちょっとでも開けてしまっていたら
    すぐにぬるくなってしまいます。

     

    これを住宅に置き換えると、気密性が高い
    ということはふたをきちんとできているので
    エアコンで冷やした空気が外へ逃げません。

     

    逆に気密性が悪いと外へ空気が逃げて
    しまうのでエアコンの効きもよくないです。

     

    ただここでわかっておいて頂きたいですが、
    高気密高断熱にするということは
    冷暖房負荷を軽減するということ。

    要するに、「エアコンを使うことが前提」
    だということです。

    まとめ

    よく、高気密高断熱の家は
    冬は暖かそうだけど夏は暑そう。

     

    という風に言われますが、
    熱を通さないのでめちゃくちゃ暑い
    ということはありません。

     

    それに、気密をしっかりしているので
    エアコンの熱も逃げにくいというメリットがあります。

     

    もし、自分は冷暖房器具は一切使わずに生活するんだ!
    という人は、絶対に高気密高断熱住宅にはしないでください。

     

    昔ながらの土壁の家にしてください。

    冬は寒いですが・・・^^


      やまとでした^^
      最後までお読み頂きありがとうございました。
      ↓↓↓こちらの記事も人気ですよ^^

      注目記事


      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です