【ローコスト住宅】コストを抑える間取り作成4つのポイント

    やまとです。

     

    設備や材料などのグレードを下げて
    ローコスト住宅を実現するより、
    質はキープしつつコストを下げるほうが
    圧倒的に魅力的ですよね。

     

    そのためにまず、コストを抑えるための
    間取りの作り方を勉強してみましょう。

    スポンサードリンク

    コストを抑える間取りのポイント

    icon-check3-r 凹凸を作らない

    icon-check3-r 下屋を作らない

    icon-check3-r 1階と2階の水回りはそろえる

    icon-check3-r 1階と2階の壁位置はそろえる

    凹凸を作らない

    s_20120803-1343974090引用:http://www.maki-web.co.jp/

     

    同じ床面積の住宅だったら、凹凸があるより
    真四角の住宅のほうがコストが下がります。

     

    凹凸をつくると壁の長さが長くなったり、
    角の処理に余分な材料や手間がかかるので
    1か所につき10万から20万アップしてしまいます。

     

    真四角だとシンプルすぎてかっこ悪いという
    意見もあるかもしれませんが、
    コストを追及するなら真四角がベストです。

     

    下屋を作らない

    s_p03引用:http://www.takase-jyutaku.net/index.html

     

    「下屋」とは、2階建ての建物の1階の屋根のことです。

     

    下屋があるということは、1階部分のほうが
    2階より面積が大きいということなので、
    下屋のない総2階の建物に比べて
    基礎や屋根の面積が増えてしまいます。

     

    2階建てより平屋のほうがコストアップになる
    のはこのような理由があります。

    関連記事:平屋建ての4つのデメリットとは?

     

    なので、平屋ではなくても下屋がある分、
    下屋のない住宅よりはコストアップに
    なってしまうというわけです。

    1階と2階の水回りはそろえる

    ユニットバス、洗面所、トイレなどの水回りは
    1か所に固めたほうが配管経路が短くてすみ、
    材料も手間も抑えることができます。

     

    同様に2階にトイレを配置したとしても、
    1階の水回りの上にトイレを配置したほうが
    配管が短くてすむのでコストを抑えられます。

     

    建築費全体から考えると配管が多少増える
    ぐらいは大した金額ではありませんが、
    設備屋さんの手間も増えますし
    漏水の心配も出てくるのでまとめたほうがいいですね。

     

    1階と2階の壁位置はそろえる

    kabe

    例えば上の断面図の左図ように、
    リビングの上の部屋の壁がずれていると
    太い梁が必要になります。

     

    これは断面図で見ているので1本だけですが、
    他にも1階と2階の壁がずれていると
    それだけ太い梁が必要になるので
    コストアップになってしまいます。

     

    ただコストアップというだけでなく、
    構造的にもなんとなく不安ですよね。

     

    やっぱり1階と2階の壁位置は
    できるだけそろえたほうがいいでしょう。


    Sponsored Link
     

    まとめ

    icon-check3-r 凹凸を作らない

    icon-check3-r 下屋を作らない

    icon-check3-r 1階と2階の水回りはそろえる

    icon-check3-r 1階と2階の壁位置はそろえる

    グレードを下げるのではなく、
    間取りの工夫でコストを抑えることも
    可能なのでぜひ検討してみてください。

     

    ちなみに間取りの無料作成サービスも人気です。

    間取り無料作成

    スポンサードリンク

      やまとでした^^
      最後までお読み頂きありがとうございました。
      ↓↓↓こちらの記事も人気ですよ^^

      注目記事

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です