注文住宅の比較見積もりを依頼するときのポイントまとめ

    やまとです。

     

    住宅メーカーを選ぶときに見積りを比較して
    自分たちの予算に合う会社を決めるのが
    一般的なのですが、金額 ”だけ” で
    判断してしまう人が少なくありません。

     

    もちろん予算以内でおさめるためには
    金額が重要なのは言うまでもありませんが、
    それだけで決めてしまうと後悔してしまう
    恐れがあるので、依頼するときのポイントを
    押さえておきましょう。

    スポンサードリンク

    同じ条件で依頼すること!

    ハウスメーカーの担当者とプランニングの
    話をしていると、会社によって聞いてくる
    内容も違うので、自分たちの要望を毎回
    同じように伝えることが難しいです。

     

    例えばリビングと一続きの和室が欲しいとか
    アイランド型キッチンが良いとか、
    家事室が欲しい、書斎が欲しい、
    子供部屋は何部屋、リビングは吹抜けが良いなど。

     

    ハウスメーカーに行く前に自分たちの要望は
    整理して書き留めておく方がいいでしょう。

     

    もちろん、同じ要望でもそれぞれの会社から
    出てくるプランニングに違いはありますが、
    自分たちが依頼する要望は同じにすること。

     

    自分たちの要望がブレてしまっていては、
    出てきたものに対して比較しても
    悩んでしまうだけですからね。


    Sponsored Link
     

    内訳明細書も確認すること!

    総額だけで判断する人がいますが、
    会社によって含まれているものに
    差があるのはよくあることです。

     

    諸費用はどこまで含まれているのか、
    カーテンや照明は含まれているのか、
    どこまでが標準でどこからがオプションか。

     

    このあたりは内訳明細書を確認して
    決して総額が安いからという理由だけで
    ハウスメーカーを選ばないでくださいね^^

    依頼する日をあけすぎない!

    例えば今週ハウスメーカーに1社依頼したら、
    次の依頼先は1か月後とか。

     

    予定があって毎週末時間が取れないのは
    仕方ありませんが、比較の期間が空きすぎると
    めんどくさくなって「もうここでいいやー」と
    なってしまいやすくなります。

     

    けっこう面倒なんですよね、何社も回るの。

     

    なので、本当は他にも依頼してみたい
    会社があったとしても期間が空いてしまうと
    やり取りも面倒なのでたぶん行くのやめます。

     

    これから先、予算との兼ね合いでプランを
    妥協しないといけないところは出てきますが、
    依頼の段階で妥協はしてほしくないです。

     

    ハウスメーカーめぐりが面倒だという人は、
    無料でプランニングしてくれるサービスを
    利用してみてください。

    一括見積り依頼サービス公式サイト

     

    依頼してみたい会社にチェックを入れて、
    あなたの要望を打ち込んで登録すれば
    同じ条件でプランニングしてもらえます。

     

    最初にも言いましたが、”同じ条件で”
    依頼するというのは重要です。

     

    同じ条件で依頼できて
    ハウスメーカーに行く手間も省けるので
    便利ですよ^^

     

    112万人以上の利用者がいるというのも
    うなずけます。

    一括見積り依頼サービス公式サイト

     

    参考にしてみてください。

     

    スポンサードリンク

      やまとでした^^
      最後までお読み頂きありがとうございました。
      ↓↓↓こちらの記事も人気ですよ^^

      注目記事

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です