使い勝手の良いパソコン(スタディー)コーナー実例3選

    やまとです。

     

    最近の住宅では、子供部屋が狭い代わりに、
    子供が勉強したりお父さんやお母さんが
    パソコンや書き物ができるスペースを作る
    事例が増えています。

     

    小学生のうちは親が勉強を見てあげる家庭が
    多いので、子供の隣でパソコンなどができる
    スペースがあると便利ですよね。

     

    では、どういったところにスタディーコーナー
    を設けると良いのか、事例を見てみましょう。

    スポンサードリンク

    リビングの一画に!

    s_LDK引用:http://fevecasa.com/life/1806/

     

    オーソドックスな配置ではありますが、
    面積的に余裕があるならリビングの
    一画にスタディーコーナーを設けると、
    家事の合間に子供の様子を見ることが
    できますね。

     

    机の幅は人数によりますが、奥行は
    50cm~60cmあれば良いでしょう。

     

    ちなみに、教科書などが散乱するので、
    目隠しができるような本棚を作っておくと
    後々便利ですよ。


    Sponsored Link
     

    階段の踊り場に!

    s_odoriba引用:https://www.oscarhome.co.jp/2014/11/5373

     

    個人的には結構好きなのですが、
    階段の途中にあるスタディーコーナー。

     

    腰壁になっていて、リビングを見下ろせる
    作りになっているのが特徴です。

     

    普通のリビング階段ではつまらないという
    人にはおすすめの作りですね。

     

    スタディーコーナー(踊り場)の下には
    空間に余裕があるので大容量の収納を
    作ることもできます。

    2階のホールに!

    s_2kai引用:http://www.assisthome.co.jp/

     

    スペース的に1階に作るのが難しい場合は
    2階のホール部分に作る例も多いです。

     

    2階の場合だと料理や洗濯などの合間に
    様子を見るというのはちょっと難しいですが、
    趣味スペースとして活用するといいでしょう。

     

    漫画や読書などが好きな人は特に
    2階にスタディーコーナーを設ける例が多いです。

    まとめ

    子供が大きくなるにつれて個室を好む
    ようになってきてしまいます。

     

    特に、思春期になって反抗期が来ると
    親との会話も減ってきてしまいますが、
    小さいうちから家族が触れ合える場所を
    作っておくと家族の会話はなくならないようです。

     

    そういった意味でも、

    icon-check1-b 子供の勉強コーナーとしての役割、

    icon-check1-b お父さんの書斎としての役割、

    icon-check1-b お母さんの趣味スペースとしての役割

    を担ったスタディーコーナーというのは、
    家族の絆を深める大切な場所になるかもしれませんね。

     

    子供部屋が狭くなってもスタディーコーナーは
    設けたいというかたが増えているのも
    うなずけるような気がします^^

     

    ぜひ、温かい家庭になるような
    住宅を計画してください。

    スポンサードリンク

      やまとでした^^
      最後までお読み頂きありがとうございました。
      ↓↓↓こちらの記事も人気ですよ^^

      注目記事

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です