新築中の住宅の大工さんに差し入れを持って行ったらガッカリ

    やまとです。

     

    最近、立て続けに同じような質問を頂いたのですが、

    ・雨の日に上棟しても大丈夫なんですか?

    ・木材や合板って濡れても大丈夫なんですか?

    ・今でも工事中にタバコを吸っている大工さんっていますか?

    簡単にまとめてますが、このような内容です。

     

    実際にこの方たちは、上棟後に大工さんに
    差し入れを持って行ったときに、
    くわえタバコで作業していたそうです。

     

    しかもよく見ると合板は濡れているし
    養生はされていないんだと。

     

    正直僕は、ありえんわwwって思いましたね。

    スポンサードリンク

    今どきくわえタバコの大工さんがいるわけ?

    いまだに喫煙している大工さんは多いですが、
    最近はくわえタバコで作業している大工さんは
    見かけなくなりました。

     

    家の外(建物からちょっと離れたところ)で
    灰皿を用意して吸っている現場はありますが、
    それすらもNGで自分の車の中で吸っている
    大工さんがいるくらい徹底されています。

     

    なので「家の中」はありえないですね。

     

    今は飲食店でも駅でもどこでも
    喫煙者の肩身は狭くなってきているぐらい
    禁煙の場所が増えています。

     

    ましてや人様の新築現場、しかも家の中で
    タバコを吸うなんてもってのほかですよね。

     

    マジで、住宅会社に連絡して
    大工さんを出入り禁止にしてもいいレベルです。

     

    自分が喫煙者じゃないなら尚更です。


    Sponsored Link
     

    はあ?合板が濡れている?

    合板が濡れているのもアウトです。

     

    柱や梁などの構造部材でも最近では
    濡らさないように配慮されていますが、
    濡れるなら構造部材のほうがまだマシです。

     

    元々、構造部材の場合は含水率といって
    木材に水分が20%程度は含まれていますが、
    合板の場合は14%以下が基準です。

     

    ゼロというのはありえないので、
    木材にも水分は含まれていますが、
    合板の場合は構造部材より乾いていないと
    カビや腐りが生じやすくなります。

     

    ちなみに強度的にも乾いている方が強いです。

     

    合板は濡れると膨れやすいですし、
    フローリングを直接張る場合が多いので、
    床鳴りの原因にもなってしまいます。

     

    もし仮に、現場に行って合板が濡れていたら、
    遠慮せずに張り替えてもらいましょう。

     

    高いお金を払って建てる、
    一生に一度の大切なお家です。

     

    工事が進んでしまう前に早めに申し出てくださいね。

    雨の日の上棟は?

    雨の日に上棟する現場は今でもありますね。

     

    ただ、土砂降りの場合は中止にしていますが、
    小降りの場合はやっているところが多いです。

     

    今では1日で屋根まで組み上がってしまうので
    めちゃくちゃ濡れてしまうわけではないですが
    合板を敷いた後はすぐに養生シートを敷いている
    現場が多いです。

     

    雨が降っても極力濡れない配慮はされていますが、
    質問者さんのように、上棟後に行っても
    まだ合板が濡れているのはダメでしょう。

     

    スポンサードリンク

      やまとでした^^
      最後までお読み頂きありがとうございました。
      ↓↓↓こちらの記事も人気ですよ^^

      注目記事

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です