平屋住宅の価格の相場って?2階建ての何割増し?

    やまとです。

     

    以前に平屋住宅のメリットとデメリットを
    紹介したときに2階建てに比べて
    コストアップになるというお話でしたね。

    平屋住宅のメリットとは?
    平屋住宅のデメリットとは?

     

    最近では建築費がコストアップになっても
    平屋住宅を好んで建てる人が増えています。

     

    老後のことを考えるとやっぱ平屋がいいですよね^^

     

    では実際にどれくらコストアップになるのでしょう。

    スポンサードリンク

    平屋と2階建てで増えるもの

    延べ床面積が平屋でも2階建てでも
    同じ面積(30坪)で仮定してみますね。

     

    2階建ての場合は1階、2階それぞれ
    15坪ずつの床面積とします。

     

    増えるものにはどんなものがあるか。

    平屋にすると増えるもの

    icon-check3-r土地の面積

    icon-check3-r基礎工事

    icon-check3-r屋根工事

    icon-check3-r天井の断熱材

    icon-check3-r床の断熱材

    建坪が15坪で良いものが30坪必要なので
    土地の面積は2倍近くになりますね。

     

    基礎と屋根も15坪分で良いものが
    30坪分必要になるので約2倍になります。

     

    断熱材について、壁は2階建ても平屋も
    差はありませんが、天井と床は2倍になります。

     

    その理由は、天井や床の断熱材って、
    2階建ての場合は1階の天井(2階の床)
    には入ってないんですよ。

     

    1階の床と壁、2階の壁と天井部分に
    入っているのですが、平屋の場合は
    1階の床と壁、天井に入れるので
    15坪分の断熱材でいいところが
    30坪分必要になってしまいます。

     

    フローリングや壁紙等の仕上げ材は
    平屋でも2階建てでも同じ程度の量が必要です。

     

    で、上記の工事費用ですが、
    ざっと本体工事の2割程度を占めるので、
    坪50万の住宅を計画しているなら

    50万×30坪=1500万(本体工事費)

    1500万×20%=300万

    300万程度のアップですかね。(土地代は含んでいません)


    Sponsored Link
     

    減るものってあるの?

    逆に平屋にすると減るものもあります。

    平屋にすると減るもの

    icon-check3-b階段スペース(1坪程度)と階段工事費

    icon-check3-bバルコニー工事費

    icon-check3-b構造材

    坪単価50万の住宅だったら、
    単純計算で1坪分の50万は削減になります。

     

    それに伴って階段の工事費用も不要ですし、
    バルコニーも平屋なら不要になりますね。

     

    構造材に関しては大幅に減るわけでは
    ありませんが、2階の床を構成する梁
    などの大きな部材が不要になるので
    2階建てよりは平屋のほうが少なくて済みます。

     

    バルコニーの施工面積にもよりますが、
    上記の費用でざっと100万は削減に
    なるかと思います。

    増える費用300万-減る費用100万=差額200万

    間取りや外観、形状によっても全然変わってきますが、
    平屋にするとこの程度は差額が出る可能性があります。

     

    もっとリアルに間取りのプラン、見積費用を
    出してもらいたいのであれば、
    こちらの無料サービスもありますよ^^

    ⇒平屋住宅プラン・見積作成サービス

    スポンサードリンク

      やまとでした^^
      最後までお読み頂きありがとうございました。
      ↓↓↓こちらの記事も人気ですよ^^

      注目記事

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です