新築のリビングの間取りはL字とI字どっちが便利?

    やまとです。

     

    リビングの間取りの形状やレイアウトって
    けっこう悩みますよね。

     

    特に、キッチンとダイニングテーブル、
    リビングのソファやテレビの位置関係を
    どう配置すれば使い勝手がいいのか。

    注文住宅で建てる場合にはキッチンの
    レイアウト次第で間取りの形状も変わります。

     

    キッチンの真横にダイニングテーブルがある
    L字型のリビングか、対面にテーブルがある
    I字型のリビングのどちらのほうが
    使い勝手が良いのでしょうか。

    スポンサードリンク

    L字型リビングのメリット・デメリット

    s_Lji引用:http://www.t-iezukuri.jp/

     

    キッチンの真横にダイニングがある
    L字型の間取りでは、できた料理の
    持ち運びがすごく便利です。

     

    真横なので、わざわざ対面に回り込む
    必要がありませんし、料理中の作業台
    としても利用できます。

     

    ちなみに我が家もL字のリビングですが、
    妻は料理の途中で休憩したいときは、
    真横のダイニングでよく休憩しています。

     

    一応、ダイニングの横にパソコンコーナー
    というかちょっとくつろげるスペースも
    作っていたのですが、キッチンの真横の
    椅子が一番使いやすいそうです。

     

    逆にデメリットとしてはキッチンからソファが
    近くなってしまうので、洗い物をしていると
    テレビの音が聞こえにくいです。

     

    まぁ、洗い物してくれている妻に、
    「うるさい、テレビが聞こえない!」
    なんて口が裂けても言えず・・・。(笑)

     

    あと、L字のほうが部屋が少し狭く感じますね。

     

    後でも言いますが、I型だとダイニングと
    リビングが一体的な空間になりますが、
    L型だとリビングが孤立してしまいます。

     

    もちろん、仕切っているわけではなく
    一体的な空間ですが、ダイニングと
    リビングにつながりがないので狭いです。


    Sponsored Link
     

    I型リビングのメリット・デメリット

    s_iji引用:http://mhome-jiturei.jugem.jp/

     

    I型のリビングは、ダイニングとリビングが
    つながったような空間なので広く感じます。

     

    実際に僕の兄はI字型のリビングで新築を
    建てたのですが、新築祝いをしたときに、
    みんな兄の家のリビングのほうが広いと
    言っていました。

     

    実際の面積的には同じ広さなのですが。

     

    他には、オープンキッチンが嫌な人は
    I字型リビングの対面キッチンのほうが
    プライベートなキッチンを確保できます。

     

    キッチンはお客さんに見られたくない
    という人はI型がおすすめです。

     

    逆にデメリットは、食事が運びにくく、
    キッチンが狭くなりがちです。

     

    真横にテーブルがあるほうが
    料理をするうえでは使い勝手が良いです。

    おわりに

    どちらにもメリット・デメリットはあります。

     

    僕も、大勢のお客さんが来た時には
    広く使うことができるI字型のほうが
    よかったなーと思いますが、

     

    僕の兄は、L字型のほうが
    普段は絶対使いやすいと言っています。

    icon-check3-rキッチンの使い勝手が良いのはL型

    icon-check3-rリビングが広く使いやすいのはI型

    関連記事:参考にしたいテレビの背面壁タイル施工例3選

     

    スポンサードリンク

      やまとでした^^
      最後までお読み頂きありがとうございました。
      ↓↓↓こちらの記事も人気ですよ^^

      注目記事

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です