これはよかった!新築住宅の洗面脱衣室で成功した実例!

    こんにちは、やまとです。

     

    以前に、洗面脱衣室の窓の高さを失敗
    してしまったというお話をしましたが、
    今日は洗面脱衣室の成功例を紹介します。

    関連記事:脱衣室の高窓は失敗?

     

    成功例とはいっても、若干”自己満”的な
    ところもありますが許してください(笑)

    スポンサードリンク

    収納は絶対に必要!

    s_IMG_0622

    洗面脱衣室の広さと言えば、
    2帖程度の住宅が多いと思いますが、
    収納を作っていない住宅も多いです。

     

    我が家の場合は脱衣室の反対側が
    階段になっているので、少し低めの
    階段下収納を作りました。

     

    階段下収納といっても7段目程度までなので
    最初は計画していなかったのですが、
    少しでもスペースは有効活用したほうがいい
    ということで設けることにしました。

     

    この収納にはタオルや下着、パジャマなど、
    脱衣室に絶対に必要なものを収納していて、
    お風呂に入るときにわざわざ着替えを
    準備しなくてもいいので便利です。

     

    逆にこの収納がなかったらすごく不便だった
    と思うほど、活躍してくれていますよ^^


    Sponsored Link
     

    ディズニーの壁紙に妻が満足!

    s_IMG_0620

    すみません、これは自己満なのですが、
    新築を計画中に妻がどうしても
    ディズニーの壁紙を使いたいと言い出しました。

     

    いやぁ、年甲斐もなくディズニーが大好きなんですよ(笑)

     

    ちなみに我が家はシンプルモダンな住宅なので
    僕はディズニーの壁紙は反対していました。

     

    最初はこの写真のような壁紙ではなく、
    もっと派手な”夢の国”的な壁紙だったので
    完全に僕のイメージとは反していたんですね。

     

    でもこのくらいだったらシンプルだし
    洗面脱衣室だしまぁいっかということで
    この壁紙に決めたわけです。

     

    本人は満足しているのでよかったです^^

    天井にエコカラット?

    s_IMG_0621

    この写真はなんの変哲もない普通の天井
    のように見えるかもしれませんが、
    実はこの天井、エコカラットを使ってます。

     

    エコカラットはデザイン性だけではなく、
    調湿性効果が高いので、湿度管理や
    ダニ、カビの発生を抑制してくれます。

     

    そこで、お風呂の蒸気が脱衣室の天井に
    付着すると考えたのでエコカラットを
    使ったのですが、これが大正解。

     

    前に脱衣室の窓を高窓にしてしまって
    簡単に開閉できなくなってしまったという
    お話をしましたが、

     

    エコカラットを使用していたおかげで、
    なんとか蒸気を吸収してくれています。

     

    もちろんお風呂の換気扇もつけていますが
    エコカラットの効果も高いでしょう。

     

    窓を開閉できない我が家の状態で
    普通のクロスの天井にしていたら
    たぶん水滴ができてしまっていたと思います。

     

    あまりエコカラットを天井に使うという
    発想はないと思いますが、特に脱衣室は
    蒸気の溜まり場なので効果はありますよ^^

     

    スポンサードリンク

      やまとでした^^
      最後までお読み頂きありがとうございました。
      ↓↓↓こちらの記事も人気ですよ^^

      注目記事

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です