新築の玄関の広さは?同じ面積でも広く見せるコツ!

    やまとです。

     

    新築の間取りを計画していると、
    妙~に玄関の広さが気になりますよね。

     

    家族だけが生活する分にはいいですが、
    お客さんが来た時に狭いと窮屈なので
    最初の印象がよくないかと思います。

     

    訪れた人が一番に目にする”家の顔”
    ですから広く開放的に見せたいですよね。

     

    ということで今日は、
    「同じ面積でも玄関を広く見せるコツ」
    を紹介します。

    スポンサードリンク

    どちらの玄関が広く感じると思いますが?

    s_キャプチャ1

    s_キャプチャ2引用:http://www.e-house.co.jp/

     

    すみません、ちょっとわかりにくいですが、

    【Aの玄関】
    玄関部分:幅3m×奥行1m
    ホール部分:幅3m×奥行1m
    合計で幅3m×奥行2m(3畳分)

    【Bの玄関】
    玄関部分:幅2m×奥行1.5m
    ホール部分:幅2m×奥行1.5m
    合計で幅2m×奥行3m(3畳分)

    どちらも同じ面積ですが、
    幅と奥行きがそれぞれ違います。

     

    で、どちらが広く見えるかというと、
    ”A”のほうが広く見えます。

    幅が広いほうが広く見える

    玄関を入った瞬間に、奥行が長いより
    横に広がる空間のほうが広く感じます。

     

    マンションに住んだことがある人は
    わかると思いますが、奥行はあっても
    幅が狭いので狭く感じますよね。

     

    現に僕もいろんな住宅を見てきて
    玄関が広いと感じるのは幅が広いときです。

     

    もちろん奥行がなさすぎると
    圧迫感がありますが、
    1mあれば十分広く感じます。

     

    それに、お客さんがたくさん来るときも
    幅が広いほうが靴を脱ぎやすいんですよ。
    横に並べられますからね。

    上に吹き抜けがると広く見える

    AとBの間取りの2階を見て頂くと、
    Aは玄関の上が吹き抜けになっています。

     

    リビングでもそうなのですが、
    吹抜けがあると開放的で広く感じるので
    広い面積を取れない家では
    吹抜けを取って広く見せることがあります。

     

    玄関でも同じですね。
    入った瞬間に開放的に感じるでしょう。

     

    ただ、吹抜けをつくる場合は断熱を
    しっかりしておかないと冬が寒いので
    光熱費が高くなってしまいます。

     

    リビングが吹抜けよりはマシですけどね。
    玄関は生活空間ではないので・・・。

    関連記事:リビング階段が寒いのは性能のせい

     

    ニッチや窓があると広く見える

    玄関の配置にもよりますが、
    ニッチや窓を設けることで
    壁に奥行が出て広く感じます。

     

    AとBの平面図ではニッチの表記は
    ありませんが、玄関入って真正面の
    階段の壁にニッチを設けるとよさそうです。

     

    入って真正面にニッチや飾り棚があると
    空間的にも広く感じますが、
    見た目にもおしゃれですよね。

    s_1621引用:https://www.designers.misawa.co.jp/

     

    これはニッチではありませんが、
    玄関入って真正面の壁に凹凸をつけて
    間接照明を入れると見た目の良いです。


    Sponsored Link
     

    まとめ

    同じ面積でも玄関を広く見せるためには、

    icon-check3-r奥行より幅を広く設ける

    icon-check3-r吹抜けを設ける

    icon-check3-rニッチや窓を設ける

    この3点を検討してみてください。

     

    スポンサードリンク

      やまとでした^^
      最後までお読み頂きありがとうございました。
      ↓↓↓こちらの記事も人気ですよ^^

      注目記事

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です