知っておきたい新築住宅の和室の失敗例3選!

    こんにちは、やまとです。

     

    ハウスメーカーだと和室を作ると
    オプションになってしまうところもありますが、
    日本人ならやっぱり和室は欲しいですよね。

     

    客間や子供の遊び場にも使えますし、
    こたつを置いてくつろぐこともできるので
    和室があると何かと便利です。

     

    ただ、和室を作って失敗してしまった
    という事例もありますので、
    あなたが失敗しないためにも
    よくある失敗例を紹介しますね。

    スポンサードリンク

    掘りごたつは不要だった

    特に小上がりタイプの和室に憧れている人に
    多いのですが、飲食店の座敷をイメージした
    掘りごたつが良いという人がいます。

     

    ただ、ずっとテーブルを置いているなら
    掘りごたつでもいいですが、
    子供の遊び場としては利用できません。

     

    特に小さいお子さんだったら
    掘りごたつがあるだけで危険ですしね。

     

    食卓としての利用であれば掘りごたつは
    おしゃれで便利なイメージがしますが、
    食べかすが落ちたりほこりが溜まっても
    掃除しにくいようですよ。

     

    掘りごたつを作って失敗したという声を
    よく聞くので用途をよく検討してください。

     

    関連記事:和室は小上がりとフラットならどっち?


    Sponsored Link
     

    床の間は不要だった

    床の間は地域やお家柄にもよるので
    ”あって当たり前”というかたもいますが、
    こだわりがない人は無くていいでしょう。

     

    個人的には、将来のことも考えて
    「仏間」はあったほうがいいと思いますが、
    床の間は掛け軸や生花を飾る程度なので
    スペース的には無駄になるかと思います。

     

    特に、少しでもスペースを有効に利用したい
    のであれば、床の間ではなく収納を
    設けたほうがいいですね。

     

    住んでいると物は増えてきてしまうので
    収納スペースは広いに越したことはないですよ^^

     

    現に、”床の間は無駄だった”と言っている
    声もよく聞きますので・・・。

    黒の畳より緑のほうが・・・

    最近では畳といっても、
    本物のい草で作られたものではなく、
    中に断熱材が入っている「スタイロ畳」
    というものが増えてきていますね。

    s_tatami引用:http://totalinterior-morita.blog.so-net.ne.jp/

     

    このような正方形のタイプが人気です。

     

    という僕も実は黒の畳にしたのですが、
    けっこう傷が目立ちます。

     

    我が家のリビングのフローリングは白色なので、
    和室の畳が黒だとメリハリが出てカッコイイんですよ。

     

    自己満ですが(笑)

     

    ただ、フローリングの色についての記事でも
    お話したように、濃い色は傷が目立つので
    畳も同じように傷が目立ちます。

     

    特に子供がおもちゃを出して遊ぶので
    擦れてしまっていますね。

     

    関連記事:フローリングの色は何色が人気?

     

    まぁ、畳の場合はフローリングに比べて
    張替えは簡単にできるので、
    どうしても黒が良いという人は
    傷を理解した上で選択してください。

     

    スポンサードリンク

      やまとでした^^
      最後までお読み頂きありがとうございました。
      ↓↓↓こちらの記事も人気ですよ^^

      注目記事

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です