新築より中古住宅が良い人が増えている?そのメリットとは?

    やまとです。

     

    あなたは住宅を購入するなら新築と中古どちらがいいですか?

     

    という質問に対して、
    10年前だったら中古と答えた人は
    たったの3%でした・・・。

     

    それがですね、今では約10%のかたが
    中古が良いと回答しています。

     

    それでも10%程度ではありますが、
    10年前と比べると3倍以上になっているんですね。

     

    ではなぜ中古住宅の人気が出てきているのでしょうか。

    スポンサードリンク

    中古住宅が良い理由”価格”

    中古住宅が良い理由で最も多いのが”価格面”です。

     

    まぁ、これは当然といえば当然なのですが、
    住みたい場所に住むためには、
    中古住宅のほうが手が届きやすい
    考えている人が多いようですね。

     

    僕は新築で建てましたが、
    確かに場所は妥協したくなかったです。

     

    同じ周辺環境で安く住めるなら
    新築より中古のほうが魅力を感じる方も多いでしょう。

     

    他には、中古住宅を購入しておいて、
    時期を見てリフォームをするほうが
    資金計画が立てやすいという理由もあります。

     

    例えば3000万の新築を購入するために
    賃貸に住んで家賃を払いながら頭金を貯めるくらいなら、
    1000万の中古住宅を購入して、
    リフォーム代を貯めるほうが効率がいいということですね。

     


    Sponsored Link
     

    中古住宅がいい理由”見た目”

    新築で言えば建売住宅がこれに当たりますが、
    中古住宅は実物を確認できるので
    注文住宅と違ってイメージの相違が起こりません。

     

    中古住宅といっても5年や10年程度しか
    経っていない物件もあるので、
    現状の程度も現物で確認できるところがいいですね。

     

    自分の好きに建てられる注文住宅でも
    100%満足のいく家を建てられるというのは
    かなり難しいので、それだったら中古でも
    その場で決めれる方がいいということです。

     

    僕の知人も最近中古住宅を購入したのですが、
    4年前に建てたばかりの住宅が、
    40坪の土地付きで1,700万で購入しました。

     

    なんで4年しか経っていない物件が
    すでに中古で売られているのかというと、
    前に住んでいた人が離婚したそうです。^^;

     

    まぁ、縁起はよくないですが、
    このように中古物件でも程度が良くて
    おすすめの案件も転がっていますよ。

    これからはもっと中古物件が優遇されるはず!

    アメリカでは住宅購入者の7割のかたが
    中古物件を購入していますが、
    日本ではまだ1割程度です。

     

    ただ、日本全国に空き家の数が800万戸もあるので、
    これからその空き家をどう利用していくのかということが
    課題となっています。

     

    ということはですよ、
    国は中古住宅を購入してもらいたいわけですよ。

     

    なので、これからは中古住宅の補助金なども
    強化されてくるはずです。

     

    もともと新築より安くて購入しやすい中古住宅に
    国が補助金を出してくれたら負担が減りますね。

     

    新築、中古にこだわりがなく、
    とにかく持ち家が欲しいという人にとって、
    中古住宅の選択肢がこれからもっと増えてくることでしょう。


      やまとでした^^
      最後までお読み頂きありがとうございました。
      ↓↓↓こちらの記事も人気ですよ^^

      注目記事


      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です