シンプルモダンのここに注意!失敗してしまう外観とは?

    最近、建築の勉強をすればするほど
    自分の家のつめが甘かったことに
    後悔してしまっているやまとです。

     

    シンプルモダンなお家を建てたいと考えているあなた、
    特に箱型(キューブ型)に憧れているなら要注意ですよ。

     

    僕の家は完全な箱型ではありませんが、
    軒をあまり出していない片流れ屋根です。

    s_oshidaDawn4

    引用元:http://www.otanisekkei.co.jp/gyomu/sekou/jutaku/odHouse.html

     

    こんな感じですね。

     

    でも住み始めて気が付くんですよね、
    やっぱり日本では昔ながらの軒のある家がいいと・・・。

     

    その理由を説明します。

    スポンサードリンク

    窓が開けれない

    屋根の軒が出ていないということは、
    雨が直接窓に当たってしまうので
    窓を開けることができません。

     

    風が強いとか弱いというのは関係なく、
    少し開けるだけでも雨が入ってきてしまいます。

     

    冬の雨は窓を開ける必要もないのでいいですが、
    梅雨時期は苦痛ですね。

     

    ジメジメするので窓を開けて換気をしたくても
    全く開けることができません。

     

    それに、開けれないだけじゃなく、
    雨が窓ガラスに当たってうるさいんですよ。(^_^;)

     

    ガルバリウム鋼板屋根の雨音は気にする人が多いですが、
    天井に断熱材が入るので気になりません。

     

    でも窓ガラスの雨音なんて気にしないですよね。

     

    まぁ、不便ということではないのですが、
    特に風の強い日なんかはバチバチと
    ガラスに当たる音がうるさくて寝れないときも・・・。

     

    箱型の家にする場合は、雨の日の対策を
    きちんと考えておいた方がいいでしょう。


    Sponsored Link
     

    箱型で雨を防ぐためには?

    箱型でも壁を引っ込めて屋根を持ち出す方法があります。

    s_ie

    引用元:http://www.jahbnet.jp/koumuten_0005/work/373

     

    この写真のように、
    箱型でも中の壁が引っ込んでいるので
    雨は防げるかと思います。

     

    トイレや洗面所など、頻繁に開けない窓は
    あまり気にする必要もないですが、
    せめてリビングや和室の窓は
    雨を気にせずに開けたいですね。

     

    他には、2階のバルコニーを持出して、
    1階を屋根代わりにするとか。

     

    1枚目の写真のような感じです。

     

    リビングの上をバルコニーにすると
    窓からも雨が入ってきにくくなります。

     

    1階より2階の部屋が飛び出している家もありますが、
    あれは構造的にやめておいたほうがいいので、
    せめてバルコニーを持ち出すように計画しましょう。

     

    ちなみに、シンプルモダンで建てた僕の経験上、
    もし2回目建てるなら軒のある和モダンな外観にしますね。

     

    参考にしてみてください。

    スポンサードリンク

      やまとでした^^
      最後までお読み頂きありがとうございました。
      ↓↓↓こちらの記事も人気ですよ^^

      注目記事

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です